このページのトップへ
ホーム » 施工事例 » 神戸市警察署の芝生張り工事

神戸市警察署の芝生張り工事

神戸市警察署の芝生張り工事をご紹介いたします。

春の芝張りは、芝が休眠から目覚めて活動を開始する3月が適期です。植えられた芝は暖かくなるにつれてどんどんと根を伸ばし、葉を茂らせます。
遅くても梅雨までに植えつけると、その後の散水管理が楽になります。


芝張り後は散水を繰り返し、芝生の根に水を行きわたらせます。芝が根付くまでのひと月ほどはしっかりと散水をします。
道路側に向かってゆるい傾斜をつけて貼ってありますので、水は溜まらずに排水されます。


芝張りには、芝に適した水はけが良い床土を用います。
これから暖かくなるので、目土は薄くしました。目土は乾燥から芝生を守り根張りを促す大切な役割をしますが、厚すぎても良くありません。


市街地の道路沿いが緑の芝の絨毯になり、道行く人の目を癒してくれるのが楽しみですね。


Contact
TEL 080-3798-6919
外構・造園・植木
大木誠喜園

〒669-3467
兵庫県丹波市氷上町
本郷438
TEL:080-3798-6919
FAX:0795-82-7338
KonohaのFacebook
エクステリア&ガーデン施工可能エリア

【兵庫県】
丹波市、篠山市、西脇市、朝来市、多可郡多可町
【京都府】
福知山市